引退済み分析機器

 拡散導入型水素安定同位体質量分析システム(VG SIRA10

  安定同位体用気体質量分析計 VG SIRA10(某社廃棄品)
  日下部型
Cr還元炉(日下部実先生作)
 H2OのD/H比定量専用の拡散導入型質量分析システム。本体年齢は20才を超え、鳥取県三朝市から北海道札幌市に移動するなど2度も主を代えたが、それでもD/H比を0.3パーミル以下の高精度で定量する優れものだった。しかし、2011年に電子制御系に致命的なトラブルを発症して休止状態に陥った。ほどなくキャビティリングダウン分光による水同位体比アナライザー(Picarro L-2120-i)の導入が決まり、あえなく分解廃棄された。

 全自動溶存メタン濃度定量システム AMEXs

 2004年に西部北太平洋亜寒帯域で実施予定となっていた白鳳丸よる鉄散布実験航海(SEEDS 2航海)に参加するにあたって白鳳丸船上で海水試料中の溶存メタンと一酸化二窒素の濃度だけを迅速定量することを目的に、当時の院生(川口慎介、亀山宗彦など)の協力を仰ぎながら角皆が設計・製作した完成当時は、写真にあるようにGC(ガスクロマトグラフ)のみを後段に接続し、プログラマブルコントローラーによる全自動操作で、バイアル瓶中に封入された海水試料を40分程度で分析する予定であった。試料の導入やガス抽出、さらに測定済み試料の廃棄はもちろん、純水を用いたライン内部の洗浄まで、すべて全自動で行う逸品だったが、残念ながら、角皆不在の白鳳丸船上では思ったように機能せず、目的を失った帰還後は、部品取りに使われるなどして実質廃棄状態に陥った。
 しかし2006年10月末に実施された淡青丸KT06-26次航海で、500本を超える数のメタン測定用海水試料を採取してしまったことから、再度全自動測定の機運が高まった。何度も試用と改良を繰り返したが、2009年に同位体比測定用質量分析計の前処理装置に転用され、落ち着いた。現在はハンダマスと接続され、溶存メタンと一酸化二窒素、さらにエタンの濃度および同位体比の同時自動定量に大活躍している。
 イオンクロマトグラフ Yokokawa IC500(某大廃棄品)

 水 試料中の塩化物イオンや硫酸イオンなどの陰イオンを定量するイオンクロマトグラフ。某大で阪神大震災発生直前の地下水試料(六甲の○いしい水)中の塩化物 イオンの組成変化を高精度定量したが、その活躍があだとなって後継機が導入されてしまい、1997年に一度引退した。しかし倉庫で産廃業者の引き取り待ちだった所を角皆に救 出されて、2000年から北大で復活。断続的に2010年頃まで活躍したが、最後はトラブルのデパート状態だった上にメーカーも撤退し、ついに引退させざるをえなくなった。
元素分析装置 Perkin Elmer 2400CHN(某研究室廃棄品)

 有機体窒素を窒素ガス化する質量分析計の前処理装置として使用するために、廃棄を検討していた某研究室から格安で譲り受けた。しかし、馴染みのあった同業他社製品とは違って、内部構造が意味不明に複雑だった上にブランク値が高く、前処理装置化は苦戦した。そうこうするうちに、一酸化二窒素化による有機体窒素の高感度同位体比測定がうまく機能するようになっため、特にデータを出すことも無く、その運命を終えた。


分析機器