Curriculumn vitae

URUMU TSUNOGAI
Birthdate : 17 Feb., 1968
Birthplace : Hakodate, Japan

Mailing address:
Urumu Tsunogai, Ph.D.
Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University
Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8601, JAPAN

Phone: +81-52-789-3498; FAX: +81-52-789-3498
E-mail: urumu@nagoya-u.jp

Education
BS in Chemistry -- The University of Tokyo, Tokyo, Japan, 1991.
MS in Chemistry -- The University of Tokyo, 1993.
PhD -- The University of Tokyo, 1996.

Professional Experiences
Research fellow of the JSPS (Japan Society for the Promotion of Science), The University of Tokyo, 1996-1997.
Research fellow of the JST (Japan Science and Technology Corporation), Nagoya Univ., Nagoya, Japan, 1997-1998.
Research fellow of the JST, Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Japan, 1998-1999.
Lecturer of Atmospheric Chemistry, Dept. of Environmental Science and Technology, Tokyo Institute of Technology, 1999-2000.
Associate Professor of Geochemistry, Earth & Planetary System Science, Faculty of Science, Hokkaido University, 2000-2012
Professor of Biogeochemistry, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, 2012-

Affiliations
The Geochemical Society of Japan
American Geophysical Union
The Oceanographical Society of Japan
The Japan Society of Atmospheric Chemistry
The Japan Society for Analytical Chemistry
Japan Society for Atmospheric Environment
Geochemical Society
Japan Geoscience Union
IAVCEI International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior
ASLO Association for the Sciences of Limnology and Oceanography
The Volcanological Society of Japan
European Geoscience Union

Honor
Recipient of the Bounty for Presentation at ICOG-8, The Mass Spectrometry Society of Japan, 1994.
Research fellow of the JSPS for Graduate School Students, 1995-1996.
The 13th and 14th Murao Award for Science, The Murao Scholarship Foundation, 1997.
The Geochemical Society of Japan Award for Yound Researchers, The Geochemical Society of Japan, 2000.

Publications




履歴書(in Japanese)

氏名:角皆 潤(つのがい うるむ)
http://biogeochem.has.env.nagoya-u.ac.jp/
http://biogeochem.has.env.nagoya-u.ac.jp/urumu/

1968(昭和43)年、北海道函館市生まれ
1991年 東京大学理学部化学科卒業
1991年 東京大学大学院理学系研究科入学、同付属地殻化学実験施設所属
1995年 日本学術振興会特別研究員DC
1996年 大学院修了、博士(理学)取得
1996年 日本学術振興会特別研究員PD
1997年 科学技術振興事業団研究員(名古屋大学大気水圏科学研究所)
1999年 東京工業大学大学院総合理工学研究科環境理工学創造専攻 講師
2000年 北海道大学大学院理学研究科 助教授
2007年 北海道大学大学院理学研究院 准教授(改組等)
2012年 名古屋大学大学院環境学研究科 教授、現在に至る

役職・併任など

Geochemical Journal誌 副編集長【2012年-
現在
日本質量分析学会同位体比部会世話人【2000-現在
日本学術会議地球惑星科学委員会・環境学委員会合同SOLAS小委員会委員【2002年度−現在】
三重大学練習船勢水丸 共同利用運営協議会委員【2012年度−現在
東京大学大気海洋研究所 共同研究運営委員会 陸上共同研究部会委員【2013年度−現在
産業技術総合研究所外来研究員【2014年度−現在

終了分
日本地球化学会 評議員【2006−09年/2012-15年】
日本地球化学会 幹事(会員担当)【2008−09年】
日本地球化学会 「地球化学」誌編集委員【2006−09年】
日本地球化学会 将来計画委員【2004年】
日本地球惑星科学連合 代議員(大気・海洋・環境科学セクション)【2012-13年度】
日本地球惑星科学連合プログラム委員【2002-12年度】
日本学術会議地球環境研究連絡委員会GWSP小委員会委員【2004−06年度】
日本学術会議地球惑星科学委員会・環境学委員会合同IGAC小委員会委員【2009−14年
文部科学省21世紀COEプログラム拠点「新自然史科学創成:自然界における多様性の起源と進化」事業推進担当者【2003−07年度】
経済産業省地域新生コンソーシアム研究開発事業アドバイザー【2004−06年度】
東京大学海洋研究所研究船共同運営委員会研究船運航部会委員【2004−06年度】
工技院地質調査所通商産業技官【2000年度】
海洋科学技術センター客員研究員【2001年度】
独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員【2003−06年度】
IODP interim Science Measurement Panel (iSciMP)委員【2001−03年度】


Awards(受賞)

第13・14回村尾育英会学術賞震災特別学術賞(財団法人村尾育英会、1997年3月)
日本地球化学会奨励賞(日本地球化学会、2000年9月)


自己紹介(非研究関係)
有名な先祖 長谷川宣以(平蔵)
鬼平犯科帳鬼の平蔵。祖母の祖父の曾祖父がこの人らしい。128人もいる7世代前の先祖の一人に過ぎないのでほぼ赤の他人ではあるが、幕府の役人であるにも関わらず、配分された予算が少ないので、預かった資金を相場に投じて増額した逸話には強く共感させられる。
習い事
(幼少期)
柳雪館大野道場 幼稚園から小学校卒業まで、練習のある日は毎日通った函館市内の剣道場。おかげで声は大きくなった。
部活動
(小学校)
函館市立深掘小学校合唱部 声が大きいという理由だけで、音楽の先生にスカウトされ、6年時夏休み限定で入部。現存するかどうか不明。
活動
(中学校)
函館市立深掘中学校合唱部 合唱経験者という理由だけで同級生の女の子に誘われて勘違い入部。唯一の男子部員として頑張った時期もあったが最後は私が退部して女声合唱団となる。現存するかどうか不明。なお同じ中学の同窓生で妹の同級生に元JUDY AND MARYYUKIがいるが、残念ながら合唱部ではなく、バレー部でした。
活動(高校) 函館ラ・サール高校グリークラブ 男子校の合唱団ということで、常に部員不足に悩まされる。活動の大半は部員集めに費やしたが、とうとう最後まで部員不足に歯止めはかからず。
活動(大学) 東京大学コーロ・ソーノ合唱団 高校時代と同様に4年間の学生生活のほとんどすべての時間と情熱を部員集めに投入した。おかげで団員増には大いに貢献したと自負するものの、ハーモニーの向上にはほとんど貢献出来ず(むしろ破壊)。特に楽譜がよめないのは致命的。なおCAMUIロケット開発で有名な永田晴紀北大教授は同合唱団の2年先輩、永田夫人は1年先輩。


角皆 潤のサイトに戻る
生物地球化学グループのサイトに戻る