○第16回大気化学シンポジウム、豊川市民プラザ、2006年1月11−13日

亀山宗彦、角皆 潤、笹川基樹、中川書子、小松大祐、井尻暁、津田敦「鉄散布実験時に観測された表面海水中微量気体組成の経時変動とその原因」第16回大気化学シンポジウム、豊川市民プラザ、2006年1月11日−13日

○日本地球惑星科学連合2006年大会、幕張メッセ 国際会議場、2006年5月14日-18日

今野祐多・角皆 潤・中川書子・亀山宗彦(2006)「黒島海丘におけるメタンプルームの分布と微生物活動」、日本地球惑星科学連合2006年大会、幕張メッセ 国際会議場、2006年5月14日-18日.

三枝俊介・角皆 潤・中川書子・蒲生俊敬・張 勁・竹内 章(2006)「佐渡南西沖ポックマーク海域における海底からのメタン湧出と海水中におけるメタン酸化の評価 」、日本地球惑星科学連合2006年大会、幕張メッセ 国際会議場、2006年5月14日-18日.

○第12回大気化学討論会、山形蔵王温泉「こまくさ荘」、2006年6月14-16日

角皆潤、小松大祐、石村豊穂、中川書子、大久保智「三酸素同位体組成を指標に用いた硝酸の高精度起源推定法開発構想について」第12回大気化学討論会、山形蔵王温泉「こまくさ荘」、2006年6月14-16日

○日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

大矢智之・今野祐多・中川書子・角皆潤「MIMSを用いた海水溶存気体組成の in situ 高精度定量の可能性とその応用」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

角皆潤・木戸唯介・廣田明成・大久保智・小松大祐・中川書子「有機態窒素の高感度安定同位体組成定量法開発と窒素固定速度定量への応用」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

中川書子・大久保智・小松大祐・石村豊穂・廣田明成・木戸唯介・川口慎介・角皆潤「三酸素同位体組成を指標に用いた環境水中の硝酸の起源解明」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

土岐知弘・角皆潤・高井研・石橋純一郎・蒲生俊敬「インド洋における海底熱水の化学組成:かいれいフィールドとエドモンドフィールドの比較」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

木戸唯介・角皆潤・中川書子・小松大祐・廣田明成・大久保智「安定同位体組成を指標に用いた北太平洋亜熱帯海域における窒素循環解析」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

今野祐多・木戸唯介・角皆潤・中川書子「北太平洋亜熱帯域における海水中の溶存水素分子濃度分布定量とその起源」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

古用啓介・小松大祐・中川書子・角皆潤・井尻暁「溶存非メタン炭化水素炭素安定同位体比分析手法の開発」日本地球化学会第53回年会、日本大学文理学部、2006年9月13-15日

○AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, 11-15 December 2006

Tsunogai, U., Kido, T., Hirota, A., Ohkubo, S., Komatsu, D D,Nakagawa, F., Chemical Conversion of PON to Nitrous Oxide for Nitrogen Isotopic Analysis : High-Sensitivity Tracer Assay for Nitrogen Fixation, OS53A-1094, AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, 11-15 December 2006.

Komatsu, D.D., Ohkubo, S., Ishimura, T., Nakagawa, F., Tsunogai, U., Determination of triple oxygen isotopic compositions of nitrate by using continuous-flow isotope ratio MS. H13C-1409, AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, 11-15 December 2006.

Konno, U., Tsunogai, U., Nakagawa, F., Nakaseama, M., Ishibashi, J., Nunoura, T., Nakamura, K., Liquid CO2 venting on the seafloor: Yonaguni Knoll IV hydrothermal system, Okinawa Trough, V23B-0606, AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, 11-15 December 2006.

Kameyama, S., Nakagawa, F Sasakawa, M., Sasakawa, M., Yamaguchi, J., Komatsu, D.D., Ijiri, A., Tsunogai, U., Horiguchi, T., Kawamura, H., Tsuda, A., Responses of dissolved trace gases (CH4, N2O, CO, NMHCs, CH3Cl) to phytoplankton bloom during in situ iron enrichment (SEEDSII) in the western subarctic Pacific, A53A-0166, AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, 11-15 December 2006.


生物地球化学グループトップページにもどる