文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「東アジアにおけるエアロゾルの大気環境インパクト」研究発表会、産総研共用講堂(つくば)、2003年1月23−25日

角皆 潤「大気中ベンゼンの炭素同位体比測定法の開発と応用」文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「東アジアにおけるエアロゾルの大気環境インパクト」研究発表会、産総研共用講堂(つくば)、2003年1月23-25日

第13回大気化学シンポジウム、豊川市民プラザ、2003年1月8日−10日

角皆 潤・小松大祐・中川書子・蒲生俊敬「直接導入+連続フロー型質量分析法による一酸化炭素の炭素・酸素安定同位体比定量法開発」第13回大気化学シンポジウム、豊川市民プラザ、2003年1月8日−10日

山口潤子・角皆潤・中川書子・小松大祐・蒲生俊敬・秋山賢一「 炭素安定同位体比を用いた大気中ベンゼンの起源と挙動に関する研究」第13回大気化学シンポジウム、豊川市民プラザ、2003年1月8日−10日

第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

中山典子・角皆 潤・上妻史宣・蒲生俊敬・千葉 仁・稲垣史生・高井 研・藤倉克則「熱水溶存揮発性成分を指標に用いた熱水循環系内の高温環境下における微生物活動の定量化」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

蒲 生俊敬・下島公紀・岡村 慶・上妻史宣・橋本 惇・高井 研・中村典子・角皆潤「インド洋中央海領Kairei Field再訪:熱水活動の現場観測および熱水中のメタン・一酸化炭素の同位体比からみた微生物活動」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、 2003年1月16-17日

廣田明成・土岐知弘・角皆 潤・蒲生俊敬・倉本真一・芦寿一郎「第二渥美海丘と第二天竜海丘の冷湧水」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

土岐知弘・角皆 潤・蒲生俊敬・倉本真一「熊野沖海底冷湧水の起源」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

石村豊穂・角皆 潤・蒲生俊敬・倉本真一「南海トラフ冷湧水域堆積物の特徴」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

中川書子・角皆 潤・廣田明成・蒲生俊敬・石橋純一郎「熱水プルーム中における一酸化炭素の生成」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

小坂紋子・中山典子・角皆 潤・蒲生俊敬・藤倉克則・町山栄章・角野浩史・長尾敬介「八重山諸島南方黒島海丘における冷湧水の化学組成と湧出ガスの起源」第19回しんかいシンポジウム、パシフィコ横浜、2003年1月16-17日

8th International Conference on ASAAQ, Tsukuba International Congress Center (EPOCHAL TSUKUBA), Tsukuba Science City, March 11-13, 2003.

Nakagawa, F., J. Moriizumi, U. Tsunogai, K. Yamada and N. Yoshida, Stable hydrogen and carbon isotopic compositions of atmospheric methane and its sources in urban area: identification of anthropogenic sources 8th International Conference on ASAAQ, Tsukuba International Congress Center (EPOCHAL TSUKUBA), Tsukuba Science City, March 11-13, 2003.

Nakagawa, F., D. D. Komatsu, U. Tsunogai, T. Gamo, K. Yamada, Y. Ozaki, H. Nara, M. Ogawa, N. Yoshida, S. Sudo, S. Yonemura, and H. Tsuruta, Stable carbon and oxygen isotopic compositions of CO2, CO and CH4 emitted from biomass burning, 8th International Conference on ASAAQ, Tsukuba International Congress Center (EPOCHAL TSUKUBA), Tsukuba Science City, March 11-13, 2003.

2003年度日本海洋学会春期大会シンポジウム、東京水産大学、2003年3月27-31日

角皆 潤「海洋化学ならこう使う」2003年度日本海洋学会春期大会シンポジウム「飛行艇が新しい海洋観測時代を切り開く」、東京水産大学、2003年3月27-31日

2003年地球惑星科学関連学会合同大会、幕張メッセ国際会議場、2003年5月26-29日

蒲 生 俊敬・千葉 仁・小畑 元・大森 保・野口 拓郎・角皆 潤・一林 信亮・丸尾 雅啓・土井 崇史・佐野 有司・BAKER Edward T.・沖野 郷子・徳山 英一「沖縄トラフ南西部,第四与那国海丘付近の熱水プルームの化学的性質」J064-001 、幕張メッセ国際会議場、2003年地球惑星科学関連学会合同大会、2003年5月26-29日

芦 寿一郎・木下 正高・倉本 真 一・角皆 潤・Nankai-SEIZ「熊野沖南海トラフ付加プリズムの地質構造と冷湧水--これまでの成果と平成15年度調査速報」J036-010 、幕張メッセ国際会議場、2003年地球惑星科学関連学会合同、2003年5月26-29日

第9回大気化学討論会、群馬県伊香保温泉ホテル小暮、2003年5月28日-30日

小松大祐・中川書子・角皆潤・蒲生俊敬、野尻幸宏「海洋大気中における一酸化炭素の炭素、酸素安定同位体比の緯度別分布」第9回大気化学討論会、群馬県伊香保温泉ホテル小暮、2003年5月28日-30日

工藤新吾、角皆潤、中川書子、蒲生俊敬、中澤高清、青木周司、本田秀之「成層圏二酸化炭素における非質量依存酸素同位体異常の定量」第9回大気化学討論会、群馬県伊香保温泉ホテル小暮、2003年5月28日-30日

山口潤子、角皆潤、小松大祐、中川書子、蒲生俊敬、秋山賢一「炭素安定同位体比を指標に用いた大気中ベンゼンの起源と挙動について」第9回大気化学討論会、群馬県伊香保温泉ホテル小暮、2003年5月28日-30日

第19回緑陰セミナー、夕張市ファミリースクールひまわり、2003年7月5-6日

角皆潤「安定同位体分析技術の進歩と大気中微量物質の天然トレーサーとしての応用」第19回緑陰セミナー(日本分析化学会北海道支部主催)、夕張市ファミリースクールひまわり、2003年7月5-6日

Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

Komatsu, D.D., U. Tsunogai, F. Nakagawa, and T. Gamo, Carbon and oxygen kinetic isotope effects during oxidation of atmospheric carbon monoxide in secondary sink soil, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

Nakagawa, F., D.D. Komatsu, U. Tsunogai, T. Gamo, K. Yamada and H. Nara, Carbon Isotopic Composition of CH4 and CO Emitted during Biomass Burning Experiments, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

Yamaguchi, J., Tsunogai U., Komatsu D., Tsunogai U, Nakagawa F& Akiyama K.: Origin of Atmospheric Benzen using its Stable Carbon Isotopic Composition as a Tracer, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

Gamo T, Tsunogai U, Ichibayashi S & Hirota A: 'Microbial Plumes' as Inferred from the Increase of Stable Carbon Isotope Composition of Methane Originated from Submarine Hydrothermal Activity, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003."

IjiriA, Tsunogai U, Gamo T & Hikida Y: Highly Isotopically Depleted Hydrocarbon Gases in Methane-derived Carbonate of the Cretaceous Age, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

Kameyama S, Tsunogai U, Gamo T, Zhang J & Suzuki M: Geochemical Studies of the Submarine Ground Water Discharge by using Methane Concentration and its Carbon Isotope Ratio as a Tracer; Toyama Bay, Japan, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

Toki T, Tsunogai U, Gamo T & Kuramoto S: Geochemical Study of Cold Seeps on the Seafloor off Kumano in Nankai Trough, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

KosakaA, Tsunogai U, Nakayama N, Gamo T, Sumino H & Nagao K: Gas Geochemistry of Seafloor Seeping Bubbles at Kuroshima Knoll, Goldschmidt Conference 2003, Kurashiki, Japan, 7-12 September, 2003.

日本地質学会第110年学術大会、静岡大学、2003年9月19-23日

土岐 知弘・蒲生 俊敬・角皆 潤・和田 秀樹・平野 聡・相良掘削計画(SDP)研究者一同「相良油田に分布する炭化水素ガス分析結果に基づく相良原油の成因」日本地質学会第110年学術大会、静岡大学、2003年9月19-23日

石村豊穂・角皆 潤・井尻 暁・蒲生俊敬「炭酸塩安定同位体の高感度定量法の開発と微小・個別有孔虫殻への応用」日本地質学会第110年学術大会、静岡大学、2003年9月19-23日

第44回大気環境学会年会、京都大学総合人間学部、2003年9月24日-26日

角皆潤、山口潤子、小松大祐、中川書子、蒲生俊敬、秋山賢一「炭素安定同位体比を指標に用いた都市大気中ベンゼンの起源推定」第44回大気環境学会年会、京都大学総合人間学部、2003年9月24日-26日

中川書子、山口潤子、角皆潤、小松大祐、蒲生俊敬、秋山賢一「各種発生源におけるベンゼンの生成機構と炭素安定同位体組成:炭素同位体組成による有害大気汚染物質の起源推定の可能性」第44回大気環境学会年会、京都大学総合人間学部、2003年9月24日-26日

中川書子、角皆潤、蜂須洋輔、小松大祐、蒲生俊敬、秋山賢一「自動車の排ガス中に含まれる一酸化炭素の同位体比特性」第44回大気環境学会年会、京都大学総合人間学部、2003年9月24日-26日

2003年度質量分析学会同位体比部会、伊東市ホテル暖香園、2003年11月18日−20日

角皆潤・川口慎介・工藤新吾・中川書子・蒲生俊敬「連続フロー型質量分析計によるサブナノモルレベルでの高精度17O/18O比定量法の開発」2003年度質量分析学会同位体比部会、伊東市ホテル暖香園、2003年11月18日−20日.

小松大祐・角皆 潤・蒲生俊敬「大気中ハロカーボン類の炭素同位体比測定法開発」2003年度質量分析学会同位体比部会、伊東市ホテル暖香園、2003年11月18日−20日.

2003 American Geophysical Union Fall Meeting, San Fransisco, 8-12 December 2003

Ijiri, A., Tsunogai, U., Gamo, T., Ashi, J., Kinoshita, M., Origin of Low Salinity Pore Fluids: Kumano Forearc Mud Volcanoes, Nankai Trough (T52C-0288), 2003 American Geophysical Union Fall Meeting, San Fransisco, 8-12 December 2003.

Toki, T., Tsunogai, U., Gamo, T., Kuramoto, S., Ashi, J., Sources of Low-Chloride Fluids in Sediments beneath Biological Communities on the Nankai Accretionary Wedge off Kumano,San Fransisco (T52C-0298), 2003 American Geophysical Union Fall Meeting, San Fransisco, 8-12 December 2003.


生物地球化学グループトップページにもどる